はあと舎とは

正式名称を「特定非営利活動法人はあと舎」と言います。岩手県久慈市で障がい者福祉支援活動をしているNPO法人です。 

 

心から、くつろげる家


という意味で、可能性と分かち合える仲間づくりをめざす楽しい事業所です。

 

私たちの想い・活動について

 はじまりは、『よりどころと居場所になりたい』という思いだけでスタートしました。

人が人として生きていく上で‘‘幸せ‘‘とは?

必要とされること、誰かのためになっているという思い、そして働けることではないかと…

  

 基本的に「利用者本意」という考えから、時間をかけて場所・環境・周りの人に、慣れることからスタート。

興味のあるものや、得意なものを見つけようと、さまざまな活動をしていますが、

無理なく、個人のペースに合わせた対応をしていきます。

 

私たちがめざしたいもの

障がいがある人もない人も地域のなかで安心して暮らし、

自分のままでいる自信と笑顔と生きがいをもち共に働ける喜びとそのための環境作りをめざします。

ひびの日記

spring

spring 春と言えば!

ピンク・芽が出る・陽射し・さくら・薄着

福寿草・頬なでる風・青空・散歩・たんぽぽ

新芽・虫・きらきら・・・

春をイメージするといろいろなものが浮かびます。

Merissaさんとひとつずつ英語にしてみました。去年Merissaさんから教えてもらった、

たんぽぽdandelion(ランデライオン)やピンクといった春の色を英語になおして発音してみるだけで、楽しのは春だから?(^v^)

 

フッ~と目を休めながら、周りを眺めて 春さがしをしてみてはいかがですか?

 

                                今回の編集長は、Merissaでした。

 

 

 

4 コメント

福寿草みっけ~

ふう~(^-^)

はあと舎開所して、2年が経ちました。

振り返ると・・・

”めぐりあい それは不思議なもの ありがたいもの”(理念の横に貼ってある言葉)

はあと舎に集っている仲間は、何かの縁があって みんなが関わっている不思議を感じます。一人ひとりは、それぞれ個性があり

大切な存在! 縁があってめぐりあい 出会ったことに感謝でいっぱいです!

 

4月のカレンダーから

 桜咲き みんな しあわせそうになる!

Samansa名言集

 泣きたくなることも! たのし~!と思うと、元気になるね。

7 コメント

匠の技(^v^)

極める!

何か一つでも、好きなもの得意なこと それがいつか自分のライフワークになっていた!

そんなことに出会いたいと憧れていました。

 

受注された看板を作っています。

彫し士・寿 棟梁・太陽 あとのみんなは、弟子です。ほんの少しでも関わることで、みんなで作り上げた誇り!(^^)!を持つ!!自信に繋げたい!!

 

さて、はあと舎にはいろんな人がいて楽しいですよ。

お気軽に遊びに来てください。

 

 

 

 

 

 

6 コメント

雪のふるまちを♪

 雪の降る街を~雪の降る街を~

 思い出だけが通り過ぎていく~・・・

 遠い国からおちてくる~♪♪

 

7日の朝は、大粒の雪に驚きました。

この日Merissaと味噌入れのビニール袋を買うため、大好きな橋の一つを通りかかりました。見入ってしまう風景に、気がついたら口づさんでいた歌です。

 

この橋は、川崎大橋で向こうに見えるのが久慈橋、その向こうが中の橋(ここからの夕日は格別です)、そして上の橋、大成橋。川崎大橋の反対向こうが湊橋!

車で通り過ぎるのではなく、ゆっくりと風景を楽しみながら、みんなで渡りたいと思いました。

 

                             今もありがとう! 明日もありがとう!

 

 

 

7 コメント

レザークラフト勉強中!

お早うございます。hisaです。

初めて、かきこみをします。私は、昨年11月から、はあと舎に、お世話になっております。これまでは、趣味で、手芸などをしていました。

はあと舎に、通い始めて、手芸の作品など、見て頂き、作品を認めて頂き、よろこんでいます。

次には、レザークラフトを、勧められ、今、勉強中です。

これから、色々と、作って、皆様に見て頂けるよう、手にとって頂けるように、がんばります。

宜しくお願いします。  今回の編集長は、hisaでした。

5 コメント

※スマホ、アイフォンからご覧の方は、トップ画面のはあと舎ロゴマーク横の、3本線入りの四角い箱がメニューボタンとなっております。