はあと舎とは

正式名称を「特定非営利活動法人はあと舎」と言います。岩手県久慈市で障がい者福祉支援活動をしているNPO法人です。 

 

心から、くつろげる家


という意味で、可能性と分かち合える仲間づくりをめざす楽しい事業所です。

 

私たちの想い・活動について

 はじまりは、『よりどころと居場所になりたい』という思いだけでスタートしました。

人が人として生きていく上で‘‘幸せ‘‘とは?

必要とされること、誰かのためになっているという思い、そして働けることではないかと…

  

 基本的に「利用者本意」という考えから、時間をかけて場所・環境・周りの人に、慣れることからスタート。

興味のあるものや、得意なものを見つけようと、さまざまな活動をしていますが、

無理なく、個人のペースに合わせた対応をしていきます。

 

私たちがめざしたいもの

障がいがある人もない人も地域のなかで安心して暮らし、

自分のままでいる自信と笑顔と生きがいをもち共に働ける喜びとそのための環境作りをめざします。

ひびの日記

のだ焼きへ!!

行ってきました!‘‘のだ釜 IZUMITA‘‘。野田村に工房「のだ釜」を構え、多くの作品を生み出してきた陶工、泉田之也さんより、のだ焼きを教えて頂きました。南部曲屋の建物はとっても落ち着く空間でした。どんな作品になってくるでしょうか。ろくろ体験も出来るそうですが、難しそうですね~。泉田先生は、すり鉢を作ってみせてくださいましたが、とっても早業・きれいな形。 おお~!!と歓声があがりました。

みんなの熱心に打ち込む姿をみて、これからもいろいろな体験活動をしていきたいなぁと思いました。

体験、何か、良い案がありましたら、皆様コメントお待ちしてますm(__)m

0 コメント

太陽サンサン!バッタリー村 その2

続きです。バッタリー村はとても広く、可愛いヤギが沢山いましたよ♪一枚目の写真は母ヤギの‘‘キョンキョン‘‘と後ろで仲良く並んでいるのは四つ子ちゃんたちです。な~んて可愛いのでしょう(*^-^*)はあと舎は動物好きが多く、皆迷わず、ヤギをなでなで( *´艸`)二枚目は長老の‘‘あお‘‘です。長いひげと大きなツノ、実は一番人懐っこいそうで、柵から顔をだして挨拶してくれました。

 

木籐古さんの息子さんは、木炭を作っておられます。退職後、炭焼きを始めて3年!かの有名な韮澤彦蔵さんを師匠として日々 木炭に向き合っている姿は父親譲りなのでしょうか。 「地元で生きていきたい。地元を発展させたい。」と話す言葉に感動とはあと舎も、社会参加により、いろいろな人との出会いの大切さをみんなで分かち合えたような気がした一日でした!

 

7月のカレンダーから

待ちに待った夏休み  夏は心がキラキラするね。

13 コメント

太陽サンサン!バッタリー村 その1

バッタリー村へ行ってきましたよ♪

 まずは皆で、にぎったおにぎりを食べました。ゆっくり流れる時間の中、鳥の鳴き声や風の音を聞きながらの大きなおにぎりは格別でした。

前お邪魔した時にはなかった蓮の花が池一面に広がりとてもきれいでした。

 

さあ~。仕事へとりかかります。

森の文庫に前回の5倍の本を運び込み、一冊一冊埃や煤を取り除き、本を配置しました。(見てください。木籐古さんのはつらつとした顔(^O^))

 途中で休憩を取ったのですが、森の文庫の建物で、井草で手作りされたゴザに座り、囲炉裏と本に囲まれた空間はなんとも言えませんでした。

17日には、遠くからお客様がいらしゃるとか・・・なんとか形になりました。

 

皆さん!どうぞバッタリー村に(^O^)/

 

2 コメント

似顔絵

前にブログで書きました沙羅さんが書いてくれた、似顔絵です♪不在の方やパソコンに保存できていない似顔絵もあるのですが、とても似ていて見ていて楽しいので、はあと舎の掲示板に貼りました。

携帯で写真を撮ってから写真をベースにして携帯上で絵を書いていました( ゚Д゚)今はそんな事が出来るんですね~~(゜o゜)

書いてくれた絵、どうですか♪知っているメンバーがいましたら、探してみてください。あら、似てる(*^-^*)となるはずです♪

6 コメント

バッタリー村の木籐古さん

以前、ブログに書かせていただきました、バッタリー村の ‘‘徳じい‘‘こと、木籐古さんです。岩手県長寿文化祭作品展にご自身の作られた作品を出品し、見事佳作を取られました。

木籐古さん「同じ物じゃだめなんだよ、毎年毎年違うの作って出すから面白い」とキラキラした目をますます輝かせて柔らかい笑顔でおっしゃっていました。

木籐古さんにお会いするたびに思うのですが、”夢を持ち、素直に追いかけるパワー”にいつも元気を頂き 頑張ろうと思えるのです。

はあと舎には見たこともない木や、木の皮で作ったかごをお土産に持ってきて下さいました。また来週ボランティアでお邪魔するのですが、実はとっても楽しみで 

す。

 

2 コメント

※スマホ、アイフォンからご覧の方は、トップ画面のはあと舎ロゴマーク横の、3本線入りの四角い箱がメニューボタンとなっております。

写真の転用はお断り致します。