はあと舎とは

正式名称を「特定非営利活動法人はあと舎」と言います。岩手県久慈市で障がい者福祉支援活動をしているNPO法人です。 

 

心から、くつろげる家


という意味で、可能性と分かち合える仲間づくりをめざす楽しい事業所です。

 

私たちの想い・活動について

 はじまりは、『よりどころと居場所になりたい』という思いだけでスタートしました。

人が人として生きていく上で‘‘幸せ‘‘とは?

必要とされること、誰かのためになっているという思い、そして働けることではないかと…

  

 基本的に「利用者本意」という考えから、時間をかけて場所・環境・周りの人に、慣れることからスタート。

興味のあるものや、得意なものを見つけようと、さまざまな活動をしていますが、

無理なく、個人のペースに合わせた対応をしていきます。

 

私たちがめざしたいもの

障がいがある人もない人も地域のなかで安心して暮らし、

自分のままでいる自信と笑顔と生きがいをもち共に働ける喜びとそのための環境作りをめざします。

ひびの日記

空前の…折り紙ブーム!?

はあと舎では折り紙ブームが来ています(^_-)-☆

SKY-HIさん・HISAさん・沙羅さんが折り紙が好きだという事でじわじわと、皆が習ったりしているうちに、こんなのどー!?と良い案が出てきました♪

「ユニット折り紙」といってパーツを何個か作り、立体的に組み立てていくものや、小さい折り紙で作ったミニチュアサイズのものなど、いろいろ並ぶと、とっても素敵です♪

これからの浴衣やお祭りにと、かんざしやイヤリングにしたようです(*´ω`*)(このブログを書いている私は手裏剣しか作れません…( ;∀;))

折り紙、とっても奥が深いんですな!ちっちゃーい鶴、折れる方、尊敬です( ;∀;)

SKY-HIさん、はあと舎に来ると毎日コツコツと折ってます。ハンドメイド作品にして、これから販売など出来たらいいなぁ♪

0 コメント

父への手紙

父さんへ

 あんたのせいでかなり人生メチャクチャになったけど、今だから許すよ。何だかんだ言っても2人でここまでやってきたもんね。ただ俺はあんたに「ありがとう」とは言わない。あんたが死ぬ時までとっておくよ。だからさ…体だけは大事にしなよ。

もうあんた一人しかいないんだからさ。人に迷惑ばかりかけるのもやめなよ。俺がいなくなったからってグダグダしてるとまた痛い目にあうぞ。離れていても一応家族だからさ…とりあえず死ぬなよ。

俺が今言えるのはそれだけ…無事社会人なれてよかった。あんたのこと大嫌いだけど、あんたがいなきゃ生きてなかったかもね…

 

ある方が、”これ読んでみてくれないか。”と持ってきてくれた息子さんからの手紙です。手紙の中には、入社式の写真2枚が同封されていました。スーツ姿で晴れやか笑う息子さんの姿にどれだけの勇気をもらったことでしょう。

2人の事を少しは知っているつもりだったので、号泣してしまいました。

 

この手紙は宝物です。何かあったときいつでも思い出せるように拡大コピーをして渡しましたった。(息子の手紙忘れんなよ!)

 

久々に心が洗われた思いです。読ませてくれてありがとう!!

(この手紙は本人の許可を得てブログに載せさせて頂きました)

 

7月のカレンダーから

 あせらない 自由 きままに あるがまま

16 コメント

はじめまして、てつだい隊でっす!

はあと舎の活動にもう一つ新しく加わりました、「てつだい隊」の第一回目の活動です。その名の通り出来ることがあれば、お手伝いや奉仕活動を行わせて頂きます。

ナッキーがたまに呟くんです「オレもフツーに働けるようになりたかったなぁ‥‥」と。人から必要とされるってとても有難い事ですよね。自分の為だけの事って、すぐに飽きてしまったり、どんどんほかの欲が出てきてなんだかムナシイような、不安な気持ちです。でもどんな形でも社会や人の為に何かが出来て関わることが出来たとき、喜びや充実感に繋がるような気がします。

気がつけば、みんな黙々と無言で このベンチを磨いてました。

誰かが「いつの間にかベンチきれいになってる。座って一休みしよう。」と…言ってくれたら嬉しいな~。

あと2回ほどで、ニスを塗って完成の予定です!

4 コメント

バッタリー村へ!!

バッタリー村の木籐古さんから電話があり、自作の展示会を行なうということで急遽みんなで行って参りました。

バッタリー村村長木籐古さん88歳になってもなお、”夢追い人”でした。ご自分のことを「まだまだ子供だ」と言います。

特技を持った人全てを師匠と呼び、いつまでも少年の心を持ち向上心の塊のような人でした。

昔の人を懐かしみ、昔の人が作って使った物を土地にあったもので作っています。奥様の介護をしながも目を✨キラキラさせて

私たちに作品の説明をしてくださいました。

はあと舎では、去年3回ほどボランティアで ”森の文庫”の掃除や本の搬入と整理に行って来ました。その時に見たヤギの一家や

烏骨鶏の一家は、お引越ししていていなっかたのが寂しかったです。蓮の花は、少しずつ咲き始めて、みんなの目を引いていました。 ご招待して下さりありがとうございました<m(__)m>

2 コメント

キッチンはあと

6月に入ってから、はあと舎に実習生がきてくれています。

前からブログ読んでくださっている方はわかりますかね♪

「沙羅(シャラ)」さんです♪沙羅さんは二年生の時から実習に来ていて、今回はいろいろな物作り案を出してくれました。

写真にあるのは、マカロンと琥珀糖です。

初のマカロン作り。とっても難しかったです…中にサンドしたのは、ガナッシュクリームでとても美味しかったです。

琥珀糖は、夢のように口の中で ほのかな甘みとともに消えていく感じでした。ローズヒップティーと一緒に、お茶の時間に頂きました。

2 コメント

※スマホ、アイフォンからご覧の方は、トップ画面のはあと舎ロゴマーク横の、3本線入りの四角い箱がメニューボタンとなっております。

写真の転用はお断り致します。